もう一つのAGA治療薬成分「フィナステリド」

フィナステリドの効果

プロペシア

当サイトではミノキシジルについて紹介していますが、ミノキシジルと対をなすAGA治療薬の成分「フィナステリド」の効果も軽く触れておこうと思います。

フィナステリドはミノキシジルとは違い発毛効果はありません。

フィナステリドは抜け毛防止効果のある成分です。

ですので抜ける前に服用しなければ効果は薄いといえるでしょう。

そのため、ミノキシジルとの併用が主だった使用方法といえます。

ミノキシジルだけを服用しても、また抜けていってしまうので、生やした髪の毛をフィナステリドで留めておくのです。

もちろんフィナステリドとミノキシジルの併用は費用が倍増してしまいますが、最も効果的な使い方と言っていいでしょう。

フィナステリドやミノキシジルの歴史や評判

フィナステリドやミノキシジルは当初、AGA治療薬としてではなく、高血圧や前立腺の治療薬として使われていたものでしたが、副作用で発毛効果が認められたため、AGA治療薬や育毛剤として使われるようになったのです。

しかし、確かに発毛効果や抜け毛予防効果はあるものの、副作用が起こる可能性もあります。

主な副作用には、頭皮のかゆみや赤み、胸焼け、食欲減退、性欲減退、血圧低下などの症状が挙げられます。

AGA治療薬の口コミやレビューなどでは「効果が出ている」といった書き込みと、逆に「ほとんど効果がない」といった声もあります。

やはり個人差があり、またフィナステリド、ミノキシジルのいずれにしても長期間の使用が必要だからです。

服用したからと言ってすぐには毛根や頭皮の環境は変わりませんので、効果が出る前に判断してしまうという方も少なからずいらっしゃるようです。

ページTOP