人気のAGA治療薬とジェネリック医薬品紹介

ミノキシジルを含有したAGA治療薬や育毛剤は多数販売されています。

ここでは人気のAGA治療薬をジェネリック医薬品も含めて紹介していきます。

AGA治療薬は長期の利用が有効

AGA治療薬と言いうのは得てして即効性のあるものではありません。

ですので長期にわたって使用していく必要があります。

もしあなたが、一度でもAGA治療薬の価格を見たことがあればわかると思いますが、AGA治療薬は安いとはなかなか言えない部分があります。

それを長期間使用するとなればそれ相応の費用がかかってしまいます。

ですので、本気で薄毛改善を望まれているのであれば、悪いことは言いません、ジェネリックの商品を選んでください。

ミノキシジルを含有するAGA治療薬

ジェネリックを選んでくださいとは言ったものの、「ジェネリックは安価だし、質も悪いんだろう」と思われる方もいらっしゃると思いますので、いわゆる先発薬も併せて紹介しますので参考にしてみてください。

もちろんジェネリックは安価なだけで質が悪いなんてことはありませんが・・・

ロゲイン

AGA治療薬ロゲイン

このロゲインがミノキシジルを含有するAGA治療薬の先発薬です。

直接塗布する外用タイプになります。

Johnson & Johnson(ジョンソンエンドジョンソン)という社名は耳にしたことがある方も多いかと思います。

そのジョンソンエンドジョンソン社傘下のマクニール社から発売されたロゲインはミノキシジル5%を主成分としています。

ちなみにもともとはジョンソンエンドジョンソンではなく現ファイザー社の前身であるアップジョン社から発売されていた医薬品です。

ツゲイン

AGA治療薬ツゲイン

ツゲインはロゲインのジェネリック医薬品で価格も抑えられています。

また、ツゲインにはミノキシジル5%と2%の2種類があり、好みによって使い分けられます。

当然5%の方が効果は強いですが、2%の方が副作用は抑えられます。

またツゲインは直接塗布する外用タイプのAGA治療薬です。

塗りムラが出てしまう可能性がある反面、生やしたいところにピンポイントに効かせることができるメリットもあります。

ウゲイン

AGA治療薬ウゲイン

名前はロゲインやツゲインと似ていますが、ウゲインは外用タイプではなく、内服タイプのお薬です。

敏感肌の方にオススメのAGA治療薬です。

ウゲインは内服タイプですが一度に多量に服用しても副作用が辛くなるだけです。

何度も言うように長期にわたって使用する必要がありますから、特に初めのうちは少量の服用から始めることをオススメします。

また錠剤タイプはピルカッターで割って服用できますので、副作用が気になる方や長期使用にあたってコスト面で不安のある方はピルカッターも併せて購入しておくといいでしょう。

ミノタブ(ミノキシジルタブレット)

AGA治療薬ミノタブ

その名の通りミノキシジルの錠剤タイプのお薬で、ロニテンというAGA治療薬のジェネリック医薬品です。

内服タイプのミノキシジルを含有するAGA治療薬としては名前のわかりやすさもあるのでしょうか、1番人気と言えます。

1日2回、2.5~5mgを1錠服用します。

副作用に心配がある方は量を少なめにするといいでしょう。

ミノキシジルタブレットには2.5mg、5mg、10mgと含有量が3種類ありますが2.5mgか5mgを使用される場合、1つ上の5mg、10mgを購入し、ピルカッターで割って服用すると経済的です。

ロニタブ

AGA治療薬ロニタブ

ロニタブもロニテンのジェネリック医薬品です。

ウゲイン、ミノタブ同様タブレットタイプの内服薬です。

現在では外用薬よりもタブレットタイプの方が手軽で続けやすいとして人気が高くなっています。

また、内服薬ですと塗りムラも出ないため全体的に満遍なく生やすことができるのがメリットですが、同時に体全体の毛が濃くなるデメリットにもなります。

ロニタブもピルカッターで割っての服用が可能です。

ページTOP