なぜ白髪改善に効果があると言われてるのか

AGA治療薬や育毛剤は白髪改善効果はない

白髪男性

驚くことに、育毛剤やAGA治療薬を使っていると、白髪が減ったという話を聞いたことがあります。

残念ながら育毛剤やAGA治療薬には直接的に白髪を黒くする効果のある成分は含まれておりません。

では、白髪を減らせるようなことが言われる理由はどこからきたのでしょうか?

意外と知られていないことですが、髪の毛が毛母細胞から生成される時は、全てが白髪の状態なのです。

その成長過程で、栄養を吸収し、メラニンが生成されることによって、黒く色がついた髪の毛となって生えてくるワケです。

それでは育毛剤やAGA治療薬にメラニンを生成させる効果があるのか?ということですが、残念ながらそのような効果はありません。

育毛剤の効果というのは、血行促進し、栄養を毛根に浸透させるものです。

それでもなお白髪が改善されるという声があるのは、育毛剤やAGA治療薬の働きによって、血行が促進され、髪の毛や頭皮に必要な栄養が行きわたり毛母細胞にまで働きかけることができ、髪の毛に届く栄養の量が改善されている状態の中で髪の毛が作られているからだと考えられます。

だからといって白髪対策に育毛剤やAGA治療薬を使用するのは大きな間違いですので、白髪には専用の白髪染めを使用するようにしてください。

また同じ育毛剤やAGA治療薬を使用したとしても、白髪への効果の報告は、年齢が若い人の方が多いです。

ページTOP